もう一度生きる:死の痛みを乗り越える

死は酷で無情な敵です。私達は、遅かれ早かれ死と向き合います。もしかしたら、あなた自身が医者から死の宣告を受けているかもしれないし、あなたの息子や娘、配偶者の死後、あなたはなかなか前進できずに苦しんでいるかもしれません。

マイストーリー

私自身が死の問題で最大に苦しんだのは、私がまだ小さいときでした。私の父は癌と戦い、絶望的な状況にありました。父は闘病生活の中で少しずつ、大きな男の人から虚弱で衰弱な人となっていきました。父の死は、私の心に虚無感と恐れ、苦い思いを残していきました。

傷に打ち勝つ

私の父の埋葬日に起きた出来事は、その当時の私の心の状態を上手く表していました。それは土曜日の出来事で、お墓に行くために私達が車で通った道では、その数分後にパレードが行われる予定になっていました。私は、家族と共に車の後部座席に座っていました。私達は皆、黒い服を着て悲しみの中にいましたが、パレードのために道端に立っている人達には、私達に何が起きているのか全く見当がついていませんでした。

道端の子供達は、霊柩車が通る時になぜ見物人達が静かになったのか、全くわかっていません。彼らは、私が愛する人を亡くしたという事を知りません。彼らは手に風船を持ち、顔には笑顔を浮かべています。私は、虚無感と孤独感に覆われました。彼らの世界は幸せにみちていましたが、私の世界は終わりを迎えていました。

あなた一人じゃありません!

死は、取り残された人に悲しみを残します。この痛み、孤独感、イライラする思いを理解してくれる人は本当に少なく、あなたが悲しんでいる時に笑顔を浮かべている人もいることでしょう。

しかし、私達の悲しみを理解してくださる方、神様がいます。聖書では、死の痛みの原因は、罪で溢れるこの世であると教えています。しかし、神様は私達を深く愛し、私達が死に打ち勝つ道を与えてくださいました。それは簡単なことではなく、神様のひとり子、イエス様の命が犠牲にされたのです。

希望がある

イエス様は、私達全ての人々の罪の代償を支払われました。彼は、罪人によって十字架に架けられ死なれましたが、死の呪いを打ち破り、この三日後に死からよみがえられました。彼が死からよみがえられたからこそ、私達は今も、そしてこれからも永遠に続く新しいいのちへの希望を持つことができるのです。

人はいつか死ぬという事実は、何によっても変えることはできません。しかし、死が私達を圧倒する必要はないのです。私達はイエス様との個人的な関係を持つことによって、もう一度生きることができるのです。

それは、祈ることから始まります:

「イエス様、私がもう一度前進していく道を見つけられるように助けてください。私の心はこの悲しみによって本当に痛んでいます!私は、あなたの内にある新しいいのちを必要としています。悪いことを間違ってしてしまった私をゆるしてください。これからは、あなたに従っていきます。私に降りかかる死の力を打ち砕いてくださってありがとうございます。私がもう一度希望と喜びを見つけることができるように助けてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン!」

もしあなたがこのお祈りをしたのなら、上にある「はい、私はこのお祈りをしました」というボタンをクリックしてください。こちらからあなたに連絡させていただきます。

私はこのお祈りをしました 質問があります

あなたのした決断を私達に教えて下さい

私はこのお祈りをしました
質問があります